テトリス99初心者が1位を取るための私的攻略法(第8回) 「回転入れ」でリカバリー

テトリス回転入れサムネ

皆さんこんにちは。隠家 くろ@kakurekuro)です。

前回は途中テンプレについてお話ししました。

↓前回の初心者講座↓

今回は、微妙に使用頻度のある回転入れについて話していきます!

回転入れの技術を覚えると、ミノの置き方の選択肢が広がり、より効率的にテトリスをプレイできるようになります。

また、置きミスをしたときのリカバリーに使えることが多いのが一番の特徴です。

ただ、回転入れはミノの回転させる方向が結構分かりにくいので、そこに注目して見ると良いと思います!

是非ここで覚えていってください!

それではいきましょう。

SZの回転入れ

SミノとZミノの回転入れは、形が左右反転しているだけなので、Sミノの場合のみ解説します。

SZミノは厄介な点があり、ミノが逆さまの状態だと回転入れをすることが出来ません

しかも、このSZミノは0度と180度の形が同じなので、なかなかの曲者です。

ですので、SZミノはカチャカチャ適当に回転させるより、落ち着いて操作をすることを心掛けましょう。

では、具体例を出していきます。

SZミノの一番オーソドックスな回転入れです↓

回転入れ

入れ方は、右回転でミノを立てて屋根に引っ掛けるように接地させます↓

回転入れ

接地させてから、もう一度右回転

回転入れ

このときの注意は、必ず右回転でミノを立てることです。

Sミノをただ縦にするのではないので、注意してください。

Zミノで回転入れする場合は、左回転で立てて左回転で入れます。

屋根に引っ掛けることが出来ない場合も回転入れは可能です。

黄色のブロックがあることが条件です↓

回転入れ

入れ方は、左回転でミノを立てて接地させます↓

回転入れ

接地させてからもう一度左回転

回転入れ

先程と違って、左回転でミノを立てて左回転で入れます

この辺りがごちゃごちゃになりやすいので、しっかり覚えておきましょう。

Zミノでやる場合は、右回転でミノを立てて、右回転で入れます。

以下のようなときも回転入れを使えば、綺麗に整地することが可能です↓

回転入れ

下の位置に接地させてから、左回転

このときもSミノが180度だと入れることができないので、注意してください。

Zミノのときは、右回転で入れることが出来ます。

屋根が付いている状態でも回転入れは可能です↓

回転入れ

この場合は、右回転で入れます↓

その際、屋根の位置が上か左に1マスずれていても右回転で入れることができます↓

LJミノの回転入れ

LJミノの回転入れは比較的わかりやすくリカバリーにも使いやすいので、是非覚えておきたいところです。

LミノとJミノは左右対称なので、操作も反転します。

ここではLミノの場合のみ解説します。

では具体例に行きましょう。

まずは一番想像の付きやすいこの形です↓

回転入れ

Lミノをぶっ刺して、右回転すればOKです↓

これも分かりやすい回転入れの形↓

回転入れ

赤いマスの内、どちらかが埋まっている必要があります。

Lミノを差し込んでから左回転で入れられます↓

スライドさせて入れるLスピンです。

赤マス緑マス、どちらか一方だけが埋まっているのが条件です↓

回転入れ

Lミノを接地させてから、右回転でねじ込みます↓

赤マスだけが埋まっている場合↓

Lミノの接地場所に注意が必要です。

屋根付きの場合↓

回転入れ

Lミノを差して、右回転

SZミノ同様、屋根の位置がずれていても回転入れできます↓

また、LJミノに限り、屋根の位置が通常より左上にずれていても回転入れができます↓

回転入れ

Iミノの回転入れ

Iミノにも回転入れが存在します。

とはいえ、Iミノの回転入れは使用頻度が少ないです。

それでも覚えておくことに損はないので、解説していきます。

Iミノは回転法則が複雑で、左右に回転入れをする場合で、操作が変わります。

ここで、確実な操作を覚えていきましょう!

では、具体例です。

右側から回転入れする方法です

赤マスか緑マスがそれぞれ1つ以上埋まっている必要があります↓

回転入れ

Iミノを0度のまま差し込んで、右回転で入れることができます。

屋根に関しては、2マスまで上にずれていても回転入れが可能です。

左側から回転入れする際は、条件と操作方法が異なります

条件は、赤マスが両方とも埋まっていることです↓

回転入れ

Iミノを180度にして差し込み、左回転で入れられます。

屋根に関しては、2マスまで上にずれていても回転入れが可能です。

縦に入れて、横に寝かせる回転入れです。

条件は、赤マスまで横が開通していないことです。

赤マスまで横穴が空いていると、一番下までIミノが届かないので注意が必要です↓

回転入れ

Iミノを右回転で立てて、右回転で入れます↓

Iミノを左側に寝かせて回転入れしたい場合は、左回転で立てて、左回転で寝かせます。

まとめ

  • 回転入れは、ミノの向きが大事
  • 回転入れは、ミノの回転方向が大事
  • SZミノ、LJミノは操作も左右反転
  • Iミノは入れ方が複雑

さいごに

以上で、回転入れの解説は終了です。

回転入れは覚えるのが大変ですが、結構な場面で使える技でもあります。

回転入れを駆使すれば、ミノの順番に左右されずに平積みが出来たり、置きミスのリカバリーが出来たりと、テトリスの選択肢の幅が広がります。

特に比較的簡単な、LJミノの回転入れと、SZミノの2つ目までの回転入れは覚えておいて損はないと思います。

これらを駆使して、是非テト1を目指してください!

さて、少し報告ですが、このテトリス99初心者講座も、そろそろ終わりが近くなってきました。

もう途中から全然初心者向けではなくなったこの講座ですが、少しはお役に立てたでしょうか?

どうか、最後までお付き合いいただけると幸いです。

それでは、今回はこの辺で

またいつか

【著作権について】

当サイトは個人が運営している非公式攻略サイトであり、運営企業とは異なります。また、当ブログのすべての画像や攻略データの著作権は、運営元に帰属します。著作情報の削除依頼に関しては、当サイトのお問い合わせからお願いします。著作者からの申請であれば、速やかに対応いたします。

↓初心者講座のまとめ記事はこちら↓

↓テトリス99のおすすめコントローラーをまとめた記事はこちら↓

0

Posted by 隠家 くろ